HOME>小ネタ(ドール会話)

遅れたハロウィン

某の秋の新作。
名前は忘れたが、一式が可愛かったので、珍しく買ってしまった季節もの。
個々のパーツは使いやすいかな?
かわいいぞ(*‘ω‘ *)

PB063128.jpg

ノエル「社、ハッピーハロウィン。とりっくおあとりーと。お菓子あるよね?」

PB063129.jpg

ノエル「ほら、見て社。ボクってばかわいすぎるよね。
これは可愛いという言葉の擬人化と言っても 過言ではないよ。
ボクという存在への感謝の印として、お菓子を献上するしかないね」

社「はい。可愛すぎますノエル。まさに過言も何も、その言葉はノエルのためにある賛美です」

PB063130.jpg

ノエル「お菓子は?」

社「はい、ここに…( ゚д゚)ハッ!」
 『これはもしや、お菓子がないと言えばノエルに悪戯してもらえるというイベントでしょうか?大人しくお菓子を渡せば、ノエルの機嫌と自分の信頼を維持できるとわかっていますが はたしてそれだけが最善とは限らないのでは?むしろ、ここはノエルの家であり、本来来客である自分がトリックオアトリートと言う権利があると思います。ノエルの事ですから、自らが渡す事を想定していないでしょう。それすなわち、ノエルに悪戯できるという事ではないでしょうか?このままお菓子を渡さずノエルに悪戯してもらい、尚且つ自分もノエルに悪戯できるとは なんという贅沢でしょう。すでにいかがわしい展開しか考え付かない自分は汚れた大人だと思いますが逆に健全ともいえます。自分の考えは正常なはずです。性常と書くかもしれませんが。すでに下腹部が温まってきました』

ノエル「やしろー?」

PB063132.jpg

ノエル「社、お菓子…」

社「すみませんノエル。手違いでお菓子はありません。」

ノエル「え?いや、今明らかに持ってたよね?そういう冗談いらないから」
社「あぁノエル。お菓子は無いのです。これは何かしらの罰を受けないといけませんね。
ノエルからの悪戯なら喜んでこの身に受けます。」

ノエル「いやいや、そういうのいらないから。おとなしくお菓子くれたらいいから」

社「いえ、ここはイベントの趣旨にのっかって、お菓子がない相手に悪戯をするべきです。
のっかってくださいノエル。もう言葉そのままの意味でのっかってくれたらいいです。
あとは自分にまかせていただけたら問題ないです。」
ノエル「問題しかないんだけど」

社「とりあえず部屋に行きましょうか。ノエルの部屋でも医務室でもいいですよ。
医務室の方が補助アイテムが揃っているのでそちらにしましょうか。」

ノエル「何言ってるの社?言葉が通じてないよ。
パパーーーー!!!! パパーーーー!!!
社がおかしい!!! 社がーーー!!!


社「あっ!Σ(゚д゚lll) そんな! ノエル!」






PB063133.jpg

桐島「何大人げない事してんねん。おとなしく菓子だしぃや」
ノエル「・・・・」(軽蔑の眼差し)

社「誤解です。ノエル。誤解です。誤った解釈です。自分はただよりイベントをもりあげようと提案しただけで
決してその、セクシャルでハラスメントになるような意味ではなくですね。
至って健全です。ノエル。信じてください。親を呼ばないでください」

桐島「その言い訳する時点でもうアカンわ」

社「ノエル、視線が痛いです。でもそれもゾクゾクしてクセになりそうです。
それもいいですね。それも良いです」

桐島「何キモイ事言ってんねん。いい加減にしぃや」

社「すみません」

ノエル「・・・・・・・。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遅れながら、はぴはろうぃん(*‘ω‘ *)よくある悪戯またはお菓子をいかがわしい行為と
結びつけるネタだね。いやぁ・・・社が日に日に気持ち悪くなってくるなって思うけど
これは若子が気持ち悪いからだね!仕方ないね!
ノエルがかわいいんだもの!!!!!セクシャルなハラスメントじゃないよ!ほんとだよ!
あと、普段喋る子が急に黙ると怖いよね。

PB063138.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://melonandwakako.blog22.fc2.com/tb.php/1315-adc6d4d5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】